top of page
アンカー 1

​嗅覚反応分析士 入門講座認定校
​                             @ANESYS L/O

banner_728×90.jpg
  • Instagram
おけいこプロ.jpg

インスタでレシピ等を

upしています。

エンパワメントの一環として、嗅覚反応分析​体験とその結果をベースにした貴方専用オイル作りレッスンを提供サービスの一つと致しました。

【嗅覚反応分析の協会】
 

嗅覚反応分析は、

AHIS(健康包括支援協会)が、特許をとっている技術です。

​発明名:生体情報生成方法、

生体情報生成プログラム及び生体情報生成装置
 

オーストラリアとシンガポールでも特許がとられています。



健康包括支援協会のサイトはこちら



【嗅覚反応分析とは】


嗅覚は、五感の中で唯一本能先行の感覚、つまり無意識にアプローチしやすいといえます。

その嗅覚を使って、あなたのホメオスタシスを知る=あなたを知ることができる手法です。


8本の香りを匂って並べる(IMチェックといいます)だけで、あなたの今の状態を分析します。

IMチェックを重ねることで、状態からあなたの特性も分析でき、あなた自身をより深くできるようになります☆

 

【嗅覚反応分析の料金体系】
 

料金のところにまとめさせて頂きました!

 

こちらです。
 

【モニターさんのビフォーアフター】
 

Aさんにモニターをしてもらった結果をまとめています。


こちらです。

 


【つぶやき】

AHIS(健康包括支援協会)の軍場代表は、
アロマのプロ歴がとても長い方で、

「男がアロマで何が悪い!?」というアメブロを書かれています

(相当お役立ち情報満載です)。
こちらをクリック


そのタイトルを自分に引き直しますと・・・

弁護士がアロマテラピー/嗅覚反応分析推しで何が悪い!?って感じですかね。

AEAJ認定のアロマセラピストに加え、2021年7月、嗅覚反応分析士インストラクターになったこともありますし、今は職場もメンタルヘルスマネジメントが重視され、会社も健康経営→well-being経営、個人もセルフメンテナンスがとっても大切!

ということで、この分野、ぐいぐい右下モードで(笑))行きたいと思います。


・・・数年前、
アロマってしょせん癒しでしょ?という
(いや、そもそも「癒し」自体もすごいですけどね?)、残念発言を頂いた初老男性がいて、薬理効果などを御存知ない偏見がまだまだ強いことを知りました。

 


コロナ禍もあってセルフメンテナンスこれからマネー教育と同じぐらい大事やと思います。はい。

[学校教育に導入されましたからね、マネー教育も!CFP®でもある私としては、マネー教育も大事だと思っております☆]



WHOも世界&日本をリードする企業でもwell-being」(幸福・健康)がキーワードになってます☆

精油の力もそうだし、嗅覚の力も、
それを活用している嗅覚反応分析についても、自分が味わった感動とか楽しさ、便利さ、セルフ(&家族)ヘルスメンテお役立ち度を伝えられるといいなと思います。

 


【で、私は?】

 

あ、私は予想通り(笑)?基本「右上」の人です(時々「右下」入ります)。

というか、私らの本業で右上以外の人いんのかな?
あ・・・右下はいそう(あ・・いるいる・・・思い浮かぶ(;'∀'))

多分、左優位の人はいない、ハズ

左優位だと多分、職業的何かがおかしいかと)。


この「右上」だ、「右下」だ、「左」だって何のことや?の方は、是非、嗅覚反応分析体験をお申込みor入門講座を御受講下さい(^o^)ノ​


 

【他のサイト】

直近の嗅覚反応分析体験や入門講座のご案内
(アメブロにまとめています):


こちらをクリック

bottom of page